ふりがなON・OFF ふりがなON・OFF
  • 文字サイズ
  • S
  • M
  • L
ふりがなON・OFF ふりがなON・OFF

湯河原町立湯河原中学校のブログ:学校生活

図書室より 「昨年度ベストリーダー」

2021.4.15

新年度が始まり、2週間が過ぎようとしています。

 

例年図書室の常連さんは3年生が多いのですが、今年は1年生が多く来てくれています。これはきっと先週行われた、1年生の学校探検のおかげだと思っています。1年生の先生方が生徒を図書室内まで連れてきてくれ、雰囲気や様子を見てもらったことが、来室のきっかけになっているのだと思います(先生方、ありがとうございます)。

 

今日の昼休みも40人ほどが集いました。1年女子から「異世界に行っちゃう…みたいな話はありますか?」と聞かれ、おすすめした本はもう読んでしまったとのこと。まだ読んでいない本を見つけ、それを借りていってくれました。私はいわゆるラノベには疎いので、どんな話だったか教えてもらう約束をしました。

 

さて、昨年度の湯河原中学校ベストリーダー(たくさん読まれた本)10位までを紹介します。

 

1位 「この素晴らしい世界に爆焔を!1」暁なつめ/KADOKAWA

2位 「ある晴れた夏の朝」小手鞠るい/偕成社

3位 「この素晴らしい世界に爆焔を!3」暁なつめ/KADOKAWA

4位  「また同じ夢を見ていた」住野よる/双葉社

5位 (5冊)

「か「」く「」し「」ご「」と「」住野よる/新潮社

「鬼滅の刃 しあわせの花」吾峠呼世晴原案/集英社

「世界動物大図鑑」デイビッド・バーニー総編集/ネコ・パブリッシング

「ひと」小野寺史宜/祥伝社

「麦本三歩の好きなもの」住野よる/幻冬舎

10位(10冊)

「あと少し、もう少し」瀬尾まいこ/新潮社

「君の膵臓をたべたい」住野よる/双葉社

「鬼滅の刃 片羽の蝶」吾峠呼世晴原案/集英社

「鬼滅の刃 風の道しるべ」吾峠呼世晴原案/集英社

「10代のための疲れた心がラクになる本」長沼睦雄/誠文堂新光社

「太陽はひとりぼっち」鈴木るりか/小学館

「東大ナゾトレSEASON2第1巻」松丸亮吾監修/扶桑社

「なんだろうなんだろう」ヨシタケシンスケ/光村教育出版

「ハイキュー!!ショーセツバン!!10」古舘春一原案/集英社

「ハイキュー!!ショーセツバン!!12」古舘春一原案/集英社

 

以上です。ラノベや漫画のノベライズから課題図書までがランクイン。また、住野よるさんの人気の高さがうかがえます。今年度はどんな本がたくさん読まれるのでしょうか?

 

学校司書 鈴木明子

 

 

 


図書室より 貸出開始します!

2021.4.8

新年度が始まりました。私は図書室でひとり黙々と作業していました。その作業とは…今年度の利用者登録です。1年生の名前を登録し、2.3年生のクラス替えの登録もしました。先生方の分もばっちり完了しました!貸出を始めます♪

 

今日からお弁当が始まり、昼休みには20名ほどの生徒が来てくれました。年度末は蔵書点検のため貸出できず、「新年度になったら来ます!」と言ってくれた3年生が来てくれたり、「図書委員になりました。よろしくお願いします」と貸出していってくれた1年生もいました!嬉しいです。

 

午後からは1年生の学校探検があり、クラスごとに図書室にも来てくれました。久しぶりにみなさんの元気なパワーをもらいました。今は放課後で、体育館からはみんなの部活の様子が、3階からは吹奏楽部の練習の様子が伝わってきます。

 

今年度も図書室をよろしくお願いします。昼休みと放課後、待ってます。

 

学校司書 鈴木明子

 

 


図書室より「図書室ギャラリー」

2021.3.14

卒業式が終わり、3年生が下校しました。

 

静かな校内、静かな図書室です。

 

卒業を記念して、3年生が図書室に残してくれた作品を公開します。

 

丁寧に描かれたイラストと床に置いてあるホワイトボードに残されたものです。

 

これが先日「笑ってしまう」と紹介した落書き(作品)です。

 

 

昼休みには、ほぼ毎日ホワイトボードが文字や絵で埋めつくされていました。

 

思わず笑ってしまう作品や感心させられる作品など、たくさんありました。

 

でもホワイトボードは授業や委員会活動で使うために、昼休み終了後、消していました。

 

ホワイトボードの作品…。消す前にスマホで撮っておけばよかった!

 

そして昨日、3年生のひとりが最後に書いてくれたのはこのメッセージでした。

 

 

こちらこそ、本当にありがとう。

 

改めて、卒業おめでとうございます。

 

学校司書 鈴木明子


図書室より「最近の図書室の様子」

2021.3.10

卒業まであと少し。

 

最近の図書室の様子は…。

 

 

 

昼休みに1.2年生の来室が徐々に増えてきました。

 

今まで3年2組が担当してくれていた掃除は1年1組が担当してくれるようになりました。

 

 

 

もう3年生には会えないのかな…と寂しく思っていたら、今日は文集作りなどで午後まで学校に残っていた4人が来室してくれました。

 

昨日の富士急ハイランドの話や高校生活への希望などいろいろ話してくれて、楽しい時間でした。

 

 

 

3年生のみなさん、図書室に来てくれてありがとう。

 

ホワイトボードに残っている落書きの「たんじろう」「いのすけ」「ナミ」「ウォーリー」などなど、見るたびに今でも笑ってしまいます。

 

一生懸命描いたイラストを持ってきてくれたり、私の知らないライトノベルを教えてくれてありがとう。

 

 

 

これからも元気で楽しい、笑顔の時間を重ねて下さいね。

 

そして最後に…図書室の本をまだ返却していない人、卒業までに必ず!

 

返却をお願いします。

 

学校司書 鈴木明子


図書室より「静かな静かな図書室」

2021.2.12

今日は神奈川県私立高校の受検日。3年生は不在です。

 

 

 

いつもの昼休みは30名程が集い、にぎやかな

 

(にぎやかすぎるほどの)図書室ですが…。

 

今日は2年生男子2名、1年生男子2名のみの来室でした。

 

 

 

カウンター席に座った2年生がぽつりと「3年生がいないと静かだね」と。

 

そうです。図書室の常連は、ほぼ3年生なのです。

 

 

 

ホワイトボードに落書きするグループ、

 

エアコンから出てくる暖かい風を受けながらおしゃべりするグループ、

 

学習スペースで学習しない(笑)グループなどなど。

 

たくさんの生徒が来てくれて、なんだかとても暖かな空間になっていました。

 

 

 

来週から3年生の不在の時間が増えていきます。

 

今まで図書室にきたことのない1.2年生のみなさん、

 

図書室に来てみませんか?

 

 

 

そして、3年生。受検頑張ってくださいね。

 

またゆっくり図書室に来てくれるのを楽しみに待っています。

 

 

 

学校司書 鈴木明子

 

 

 


図書室から 『 生徒の読み聞かせ 』

2021.1.20

昨年の話です。

 

放課後、ひとり図書室で仕事をしていると

3人の3年女子生徒がやってきました。

 

最初はおしゃべりをしていたのですが、なぜだか

「読み聞かせしてあげるよ」と、そのうちのひとりが

近くにあった絵本を手にしました。

 

残りのふたりは「うん、いいよ」と聞く姿勢に。

私も仲間に入れてもらいました。

 

手にした絵本は

「ヒロシマ消えたかぞく」/指田和 写真:鈴木六郎/ポプラ社

 

 

最初は「いい写真だね」「お兄ちゃんの笑顔がいいね」等々

笑顔あふれる、にぎやかな読み聞かせだったのですが…。

哀しく、悲惨な場面になると、読み手の声だけが静かに響きました。

 

きっと何気なく手に取った絵本だったのでしょう。

普段の元気で明るい3人を知っているだけに、その雰囲気に

私もぐっときました。

 

とてもいい読み聞かせでした。

 

また読んでもらえるのを楽しみにしています。

 

学校司書 鈴木明子


図書室から 『朝読ボランティアさんのおすすめ本』

2020.12.17

朝読ボランティアさんから

 

「コロナ禍で思うような活動ができないけれど、生徒のために何かできることはありませんか」

 

とのお話をいただきました。

 

いろいろ意見交換をして「本の紹介のチラシを作り、

 

図書室廊下に掲示する」ということになりました。

 

校長先生と教頭先生にもご賛同いただきました。

 

 

今回は5冊の本の紹介です。

1「少年と犬」馳星周/文藝春秋

2「白狐魔記」斉藤洋/偕成社

3「しばしとどめん 北斎羽衣」花形みつる/理論社

4「みをつくし料理帖」高田郁/角川春樹事務所

5「ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ」

アンジー・トーマス/岩崎書店

 

『この本おもしろかったよ!だまされたと思って読んでみて♬』

 

とのメッセージもいただきました。1と2は図書室にあります。

 

 

朝読ボランティアさんは、みなさんの読書活動を応援してくれています。

 

冬休みには、本を読んでみませんか?

 

学校司書 鈴木明子


図書室から 『スウガクってなんの役に立ちますか?』

2020.12.7

先日の「先生のひとりごと」、高橋杏奈先生の

「数学って面白いよ?」をなかなか興味深く読みました。

 

私は学生時代、数学が苦手で、杏奈先生の数式を見ても

ちんぷんかんぷんでした。でも、おもしろいなと

ほんの少しだけ、数学が身近になりました。

 

ほかにもある先生が「ものごとの段取りは、数学的な思考を

取り入れたらいいんですよ」とおっしゃるのを聞いて

「へぇ~っ」と思いました(その真意は全く分かりません

でしたが(笑))。

 

学校を卒業してから数学から離れて、生活の中で数学を

便利に使うこと、身近に感じることは正直ほとんどありません。

でも今回、杏奈先生の記事を読んで、湯中図書室の本棚から

本を取り出してみました。

 

『スウガクってなんの役に立ちますか?』

杉原厚吉/誠文堂新光社

 

この本によると、数学は最強の問題解決ツールで、

・ヘタな字も方向オンチもなおる!

・やっかいな問題こそ数学で解決だ!

…とのこと。

 

例えば

「パーティーの幹事になったあなたは、招待客の席決めを

しなくてはならない。世の中には、仲の良い人もいれば、

仲の悪い人たちもいる。さて、どうやって席を決める?」

 

こんなやっかいな問題が、数学的思考を使えばスッキリ解ける

というのです。なんだかすごくないですか??

 

これを解決するには「グラフの理論」という考え方を用いる

とのこと。「グラフの理論」自体はとても難しいらしいです。

私には全く分かりませんでしたが、読んだらなんだかわかった

ような気に…(笑)。

 

でも、この本に書かれているのは、数学というよりも

「数理工学=数学を道具として用い、困っていることを

解決する工学」と呼ばれる考え方で、知っていると

日常生活の中で得をする基本的な数学の考え方。

身の回りで起こる出来事に対して、数学が実際に

役立つ側面を持っていることを味わえる…らしいです。

数学が生活に役立つなんて!ちょっとびっくり。

新鮮な驚きでした。

 

興味を持ったら、図書室にどうぞ♬ほかにも

 

『数の悪魔 算数・数学が楽しくなる夜』

ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー/晶文社

(校長先生のおすすめ本)

 

『とんでもなく役に立つ数学』西成活裕/朝日出版社

(藤井先生のおすすめ本)

 

『面白くて眠れなくなる数学』桜井進/PHP研究所

(高橋杏奈先生のおすすめ本)

 

もありますよ。おもしろい発見があるかも??

 

学校司書 鈴木明子

 


図書室から 『図書委員セレクション!』

2020.12.2

 

昨日は図書委員会活動がありました。

 

活動内容は「学習におすすめの本を選ぼう!」。

 

 

 

図書室は今週から3年生の保護者面談の控室になっています。

 

面談の待ち時間にこのおすすめ本を読んで、

 

学習に役立ててもらえたら…という3年生を

 

応援する気持ちを込めて、1.2年生が一生懸命選びました。

 

 

 

学習に役立つ…以外にも、気分転換になる読み物・ほっと一息

 

つける絵本など、内容はさまざまです。

 

 

3年生のみなさん、面談の待ち時間にはぜひ図書室へ。

 

学校司書 鈴木明子


図書室から 『その道のプロに聞く ふつうじゃない生きものの飼い方』

2020.11.20

先日の「先生のひとりごと」で、

山村先生が「かたつむりを飼っている」という記事を読みました。

 

それを読んで思ったこと。

・かたつむりって飼えるんだ

・かたつむりって卵の殻を食べるんだ などなど

次から次へ「かたつむりって〇〇なんだ」という発見がありました。

すると「そういえば…そんなカンジの本が図書室にあったはず!」と

ひらめき、本棚に直行!そして見つけたのがこの本!

 

『その道のプロに聞く ふつうじゃない生きものの飼い方』

(松橋利光/大和書房)

 

かたつむりについての記載もありました。

山村先生が書かれたこと以外にも「へぇ~っ」な内容が載っていました。

・かたつむりは食べたものと同じ色のウンチをする

例)キャベツを食べたら緑色のウンチ

ニンジンを食べたらオレンジ色のウンチ

 

この本がおもしろいのは「これって飼えるの?」という

「ふつうじゃない」生きものの飼い方が書かれていることです

(まさにタイトルどおりです)。例えば…

 

・タランチュラ →意外に温和(毒も弱めとの記載あり)

・アサリ →スーパーで買っても飼える などなど

おまけに「スーパーで買ったウズラの卵を孵化させよう」という

のもあったりして「へぇ~っ」の連続です。

 

気になった方は、ぜひ図書室へ。

お待ちしています。

 

学校司書 鈴木明子


Translate(翻訳) »