• 文字サイズ
  • S
  • M
  • L

湯河原町立湯河原中学校のブログ:学校生活

図書室より 『町立図書館からの借受』

2020.10.18

先週、町立図書館からの団体借受本の入替を行いました。

 

湯中図書室は、町立図書館から2~3カ月に一度、
約200冊の本をお借りし、届けていただいています。

 

今回は生徒の「ラノベ(ライトノベル)を大量に!」との
リクエストに応えていただきました!

 

本を届けていただいた際、町図書館の司書さんが「どんなラノベが好き?」と
図書室にいた生徒に直接聞いてくださっている姿を見て、
生徒の声を大切にしてくださっているなぁとありがたく感じました。

 

町立図書館の本もひとり2冊、1週間借りられますよ。

 

 

これからも町立図書館と連携を取りながら、
みんなの読書活動を応援したいと思います。

 

 

学校司書 鈴木明子


図書室から 『 放課後自習室 』

2020.10.7

図書室は7日まで「放課後自習室」として開室しています。

 

 

一昨日は、3年生が9人来室しました。

 

昨日は、6人来室しました。

 

 

 

保護者面談までの時間調整の来室、友達との待ち合わせの来室、

 

そして自習のために来室し、集中して取り組んでいる生徒もいました。

 

塩川先生も様子を見に来てくださいました。

 

 

 

部活の練習に励む生徒の声も、吹奏楽部の練習の音楽も、

 

心地よいBGMとなっていて、換気のために全開にしている窓からは、

 

秋風が入ってきて本当に気持ちよかったです。

 

 

今日も、開いていますよ。

 

 

学校司書 鈴木明子


ニュースの話題から

2020.9.27

先日、アメリカの最高裁判事が亡くなったというニュースがありました。

 

彼女の名は「ルース・ベイダー・ギンズバーグ」。弁護士として性差別撤廃訴訟を数多く手がけ、女性で2人目の最高裁判事となり、州立軍事学校が女性の入学を禁じるのは違憲とし、黒人や性的少数者の権利も擁護しました。

 

彼女は小柄なおばあちゃまですが「情熱のかたまり」とも評され、親しみを込めて名前の頭文字から「R.B.G.」と呼ばれました。

 

若者たちにもたくさんの支持を受け、人形やTシャツ、タトゥーにまでなっているそうですよ。

 

湯中図書室には、R.B.G.の伝記絵本があります。

 

 

「大統領を動かした女性 ルース・ギンズバーグ 男女差別とたたかう最高裁判事」(ジョナ・ウィンター著/ステイシー・イナースト絵/渋谷弘子訳/汐文社)です。

 

「最高裁の判事9人のうち、何人が女性なら十分ですか?」と聞かれたR.B.G.は、「9人」と答えたそうです。

 

「こういうとみんな驚きます。これまで全員が男性だった時には、だれも疑問をもたなかったのに」。

 

秋の人権読書週間でこの本をみんなに紹介する予定でしたが、新型コロナウイルスの関係で回本が難しくなってしまいました。

 

ぜひ、図書室に足を運んでくださいね。絵本ですが、なかなか読みごたえがありますよ。

 

学校司書 鈴木明子


図書室探検 9/21 『 図書室のコロナ感染対策 』

2020.9.21

毎日、昼休みには30~40名の生徒が訪れます。

三密にならないよう、コロナウイルス対策に気を配っています。

 

座席場所を指定するカードです。

 

 

大テーブルは3名が使用可能です。

 

 

貸し出し業務の後はアルコールで消毒します。

 

 

毎日、居心地の良い空間で、楽しく過ごしてほしいと願っています。

 


図書室から 『 朝読 』

2020.9.17

先日、徳久先生がクラスの生徒のために、本を10冊ほど貸出されました。

「朝読の時に本を持っていない生徒がいるので、図書室の本をすすめいたいと思います」。

 

これは図書室にとって、とても嬉しいことです。

張り切って先生と一緒に選書しました。

 

読書に慣れていない生徒も楽しめる本、朝読の時間に読んでもある程度盛り上がる場面のある本、続きが気になる仕掛けのある本…。

絵本や短編集なども選んでみました。

 

徳久先生曰く「毎日の朝読の時間で、1冊読み終えて『この本おもしろかった』と言っていた生徒もいます」。

 

朝読をきっかけに「読書の楽しさ」に気づいてくれるといいなと思っています。

図書室にはいろいろな本がありますよ。

生徒も先生も、ぜひ、足を運んでくださいね。

 

学校司書 鈴木明子


図書室探検 9/13 『 図書室のコーナー紹介 』

2020.9.13

図書室にはいくつかのコーナーがあります。

 

まず、「町立図書館からの借り受け本」のコーナーです。

 

湯河原中学校の鈴木明子司書や生徒の要望に応えて、湯河原町立図書館の職員のみなさんが運んできてくれた本を、一人2冊まで1週間借りることができます。

 

 

 

 

次に、「先生方や校長先生のおすすめ本」コーナーです。

 

先生方や校長先生が読んで面白かった本や作家、そして、子供たちに読んで欲しいと思った本や作家を紹介しています。

 

 

 

次は「新刊本」のコーナーです。

生徒にも大人気です。様々なジャンルの本が目に飛び込んできます。

 

 

 

 

 

 

最後は、「中学生に読んで欲しい30冊」と「うちどくブックガイドのおすすめ本」のコーナーです。

 

出版会社の新潮文庫が選んだ30冊が紹介されています。

 

また、町立図書館の職員の方が厳選した「うちどく本」も紹介されています。

 

 

それぞれのコーナーに特徴があり、図書室にいることが楽しいです。


図書室から 『 バレリーナ 』

2020.9.9

今日の昼休みも約30名の生徒が来室しました。

本を読む生徒、おしゃべりする生徒のほかに、なんだか盛り上がっている3年男子4人がいました。

様子を見ていると…。

 

広辞苑を使い、説明文から言葉を当てるクイズのようなことをしていました。

「バレエの女性の踊り手。特にプリマ・バレリーナをいう」

さて、これはなんという言葉の説明でしょう?

 

答えは「バレリーナ」。

なかなかおもしろい遊びです。

私も思わず「はい!」と手を挙げて、1問だけ仲間に入れてもらいました。

 

 

放課後は、なんと!約20名の生徒が来室。

学習コーナーも半分ほど埋まっています。

数学を教えあう生徒、黙々と問題を解く生徒、問題を出し合う生徒。

来週は定期試験があります。みんな、しっかりね。

 

 

図書室が生徒たちそれぞれが楽しく、心地よい時間を過ごせる「居場所」であってほしいと思っています。

 

学校司書 鈴木明子


図書室探検 9/8 『 学習コーナー増設 』

2020.9.8

昨年の夏、図書室北面に学習コーナーを設置しました。

 

隣との仕切り板を設けたので、個室感覚で集中して学習できるようです。

 

設置から1年が経過し、放課後に静かに自習する生徒を頻繁に見かけるようになりました。

 

特に定期試験前にはたくさんの生徒が利用するようになったので、机・イス・照明を2セット増設し、計7セットになりました。

 

みなさんの勉強が益々はかどることを期待してます。どんどん利用してください。

 

 


Translate(翻訳) »