• 文字サイズ
  • S
  • M
  • L

湯河原町立湯河原中学校のNEWS

校長室より 『 みんな元気にしていますか 10/2 』

2020.10.2

「 今日の自分 」

 

この夏、唯一県大会が実施される陸上競技の地区予選会で、湯河原中学校の3年生が躍動しました。

 

男子400mリレーなど5種目に優勝、準優勝を果たし、10月3日(土)県大会に出場します。

 

チームが一丸となって取り組んだ結果でした。

 

 

 

 

その前週にはスポーツ交流会も無事終了しました。

 

コロナ禍で密を避けるために試合数を減らしたこともあり順位戦をしませんでしたが、多くの3年生が「交流会に参加して良かった。」と言ってくれました。

 

色々な思いがあったでしょうが、乗り越えて先を見ている姿勢に頼もしさを感じました。

 

 

 

マラソン界の魔術師と呼ばれるイタリアの名コーチ、レナート・カノーバさんは、

 

「陸上競技は遅いタイムで優勝するよりも、速いタイムで6位になることのほうが価値のある競技。他の人と比べないで自分の力を伸ばすことを目標にしなさい。」と言っています。

 

 

順位のように人と比べるものは、どうしても気になってしまいます。

 

けれど、勝ち負けだけが重要ではありません。

 

それよりも、あなたの一つ一つの努力によって自分自身を磨き上げていくことや、どんな環境下でも自分を前に進められることが大切だと思います。

 

昨日の自分や昨年の自分と比べて、今日の自分が少しでも成長していると感じられたなら素晴らしいことです。

 

 

 

校内の部活動でも、外部のクラブチームでの活動でも、中学時代にそれぞれのスポーツに全力を注いだ3年生みんなの努力に拍手を送りたいです。

 

そして、明日からも、さらに大きく成長してくれることを期待しています。

 

文化部所属の3年生の発表会も夏休み明けから順次実施されています。

 

どんな発表を見せてくれるかとても楽しみです。

 

発表される作品が、つくり上げた生徒の「成長の証(あかし)」であったら嬉しいです。

 

 

校長  石井 朝方


Translate(翻訳) »