• 文字サイズ
  • S
  • M
  • L

湯河原町立湯河原中学校のNEWS

小春日和(こはるびより)

2020.11.17

11月も半(なか)ばとなりましたが、今朝の冷え込みは少し和(やわ)らぎ、日中も20度を越える暖かさになりました。

 

 

校地内のサザンカも小春日和の日差しが気持ちよさそうです。

 

 

一方、気がつけば体育館前のプランターからいくつか芽が出ていました。

 

加藤先生に聞いたところ「スイセン(水仙)」の芽だそうです。

 

まだ芽が出ていないところには、チューリップの球根(きゅうこん)が眠っているとのこと。

 

チューリップの蕾(つぼみ)は、寒い冬が通過(つうか)したことを確認した後でなければ、開花(かいか)しないそうです。

 

チューリップは、冬に土の中で寒さを経験(けいけん)して初めて、美しい花を咲かせるのです。

 

 

 

3年生のみなさんは今日、すべての答案用紙を返却され、いよいよ進路に向けての動きが本格的になります。

 

1年生、2年生のみなさんも進級に向け、一年間の総まとめの時期になってきます。

 

この冬、チューリップやスイセンのようにじっくりと力をつけ、春にそれぞれの花を思いきり咲かせたいですね。

 

(担当 志田久)


Translate(翻訳) »