ふりがなON・OFF ふりがなON・OFF
  • 文字サイズ
  • S
  • M
  • L
ふりがなON・OFF ふりがなON・OFF

湯河原町立湯河原中学校のNEWS

漫画も、また、よし!

2021.11.5

3年国語の古典分野では、和歌と『おくのほそ道』について学習します。古典分野は好き嫌いがはっきりわかれるところ。特に和歌については、「難しくていや。」「全然わからない。」という声をよく聞きます。ですから、少しでも興味をもってもらえるような「豆知識」を授業で話すようにしています。『万葉集』のところでは、額田王と天智天皇(中大兄皇子)と天武天皇(大海人皇子)の恋の三角関係の話。額田と大海人の相聞歌(あかねさす…と紫の…ですね)をとりあげて、「今カレの目の前で、元カレと恋の歌を詠み合ったわけなのよ」というように。大化の改新や壬申の乱にも話は及び、時間がかかってしまうのが難点なのですが…。私がこの相聞歌と三人の関係について興味を持ったきっかけは、小学校5年生の頃に『天の果て 地の限り』という少女漫画を読んだことです。作者は大和和紀(『源氏物語』を漫画化した『あさきゆめみし』で有名ですね。)。恋の三角関係にキュンキュンしながら夢中になって読んだことで、それまで全く興味を持てなかった「歴史」というものに急に目覚め、ハマってしまったのです。私が古典好きになり、大学の卒業論文で和歌集を研究することになったのは、そもそもここが始まりだったと言えます。何がきっかけで夢中になれるものが見つかるか、わかりませんね。漫画も、また、よし!です。ただ、読む時期を考えてね。今、夢中になりすぎては困りますので…。(『天の果て 地の限り』は古本屋に行けばあるかもしれません。山岸涼子の『日出る処の天子』もお薦めです。こちらは聖徳太子氏のお話。聖徳太子は超能力者だったという斬新な解釈で、古代史に親しめます。)

3年学年主任  木村久美子


青いペン

2021.11.4

自分が一番勉強したときはいつか・・・それは間違いなく就職活動です。

そのときの勉強アイテムが「青いペン」です。なぜ青なのか。それは何かのテレビ番組で青い文字が一番記憶に残ると紹介されていたからです。なので、計算なら計算を、暗記なら暗記する内容を「青いペン」で落書き帳にひたすら声を出して書いていきました。個人的にはとても頭に残りました。

3年生はテスト1週間前、1・2年生はテスト2週間前を切りました。もし、勉強で困っているようであれば試してみてください。

2学年職員 藤井伸恭


図書室より「図書委員会活動」

2021.11.4

今日は、委員会活動がありました。

 

今月の活動は「新着図書の紹介」で、おすすめしたいポイントを

まとめて、ミニポスターを作り、図書室前の廊下に掲示しました。

 

 

事前準備がばっちりで、早々にポスターを完成させる生徒が続出でした。

 

紹介する本を選ぶところから始まるのですが、これも何日か前から

選書と貸出をし、読み込み、ポイントをまとめていた生徒が

多数いました。素晴らしい!

 

担当の志田久子先生もラミネーターを図書室に持ち込み、

段取り良く、生徒の流れ作業を誘導していました。

 

しかも!委員長が養生テープを丸めて両面テープにして、

使い易く机に並べる…といった細やかな心配りを見せてくれました。

 

さらに!掲示場所の廊下では、山村先生がまさに「現場監督」の

ように見守ってくれていました。

 

毎年この「新着図書の紹介」の企画はあるのですが、今までで

一番スムーズに作業をこなしていたと思います。改めて、

事前準備の大切さをしみじみ感じました。

 

読書の秋です♪図書委員会の「新着図書の紹介」、

ぜひ見にいてくださいね。そして、紹介文を読んでビビビ!と

きた本は、ぜひ読んでみてください。

 

学校司書 鈴木明子


11月1日

2021.11.2

中国とロシアの艦隊が日本をぐるっと回りました。「どうして、そんなことするんだろう?」と思ってしまいます。でも、両国には、両国の正義があるんでしょうね。戦争はいつも、各々の国が、各々の国の正義を背負って、始まってしまいます。なんとかwin,winの関係になっていくと良いと思います。 加藤吉彦


夢中になれるもの

2021.11.1

10月27日(水)、プロ野球、パ・リーグ。千葉ロッテマリーンズが東北楽天ゴールデンイーグルスに敗れ、オリックス・バファローズの25年ぶりのパ・リーグ優勝が決まりました!

小学生の頃から応援していた私にとっては、久々の歓喜の瞬間となり、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。お昼の放送の先生紹介で「オリックスファンです。」と宣言していたこともあり、先生方、そして生徒の皆さんからも「優勝おめでとう!」「やりましたね!」と声をかけていただき、湯河原中学校の暖かさにも触れることができ、さらに嬉しさが増しました。今日のお昼の放送でも取り上げていただき、ありがとうございました。

夢中になれるものはいいですよ。つらいこともたくさんありますが、ある時それがうまくいくと全てが報われて幸せな気持ちになれます。もう私は今、どんなことがあっても落ち込む気はしません。皆さんはそういうものがありますか?夢中になっているものは、人生に大きな幸せを運んできてくれます。もちろん夢中になればなるほど嫌なことやつらいこともありますが、乗り越えた先にはただの楽しいではなく、本気で感動できる体験が待っていると思います。それは何でもいいんです。自分が実際にしてもいいし、自分がするのではなく誰かを応援することでもいい。夢中になれるもの、ぜひ探してみてください!人生が楽しくなりますよ!

1年職員 美本大輔
↓下は自宅内の写真です。


Translate(翻訳) »